タバコはハゲの原因になるのか調べてみました。

ニコチンは血管を収縮させるので頭皮には悪影響みたい。




タバコは、百害あって一利なしといわれます。とくに近年になって社会全体で風当たりが強くなっており、禁煙の重要性が指摘されています。そんなタバコがもたらす害のひとつにハゲがあるといいます。


まず知っておきたいのは、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させてしまう作用があること。血管が収縮すれば当然血行が悪くなります。その結果、毛を作る毛母細胞に十分な栄養が行き渡らなくなってしまい、ヘアサイクルが乱れて薄毛になってしまうのです。細い毛、すぐに抜けてしまう寿命が短い毛が生えてくるようになるわけです。


もうひとつは喫煙によって大量のビタミンCが消費されてしまうこと。「若返りのビタミン」として名高いビタミンC。これを摂取することで体の老化をもたらす活性酸素の生成を抑制することができます。しかし、タバコによってビタミンCが消費されてしまうことで活性酸素の量が増えてしまい、体全体の老化が進んでしまうのです。血液が錆びつき、細胞が劣化すれば自然と毛髪も生えてきづらくなります。


タバコをたくさん吸ったからといって直接ハゲる原因になることは少ないかもしれません。しかし、決して馬鹿にできない間接的な影響を及ぼすことになります。喫煙者が薄毛対策を行う際には、まず禁煙から対策をはじめてみることをお勧めします。そうでないと、どんなにいろいろな対策を行っても喫煙の悪影響で帳消しになってしまう恐れがあるからです。

ただし必ずハゲるわけでもなく、関係ないと言っている人も。

インターネット上には多くの情報が飛び交っており、どの情報が正しいのか判断が難しいところ。中には関係ないと言っている人もいました。


管理人も昔はヘビースモーカーでしたし、周りにも沢山喫煙者がいます。その人たちを見た限りですが、タバコ=薄毛。という理論は成り立たないような感じ。普通にタバコを数十年吸っていてもフサフサの人も沢山見ています。


理論的にもタバコは薄毛の原因になりそうですが、管理人の経験上あまり関係ないかなと。あくまでリスクを少しだけ上げてしまう・・・この程度です。健康についてはともかく、発毛のため慌てて禁煙する必要まではないような気がしてます。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ