冷たい食べ物や飲み物はハゲの原因になるのか調べました。

つまり体温が下がると血行不良の恐れがあるということ。




食べ物は温かい食べ物と冷たい食べ物に分けることができます。簡単に言えば、火を通しているかどうかですが、それだけではなく、体を温めてくれるかどうかも大きな違いとなります。コンビニやスーパーで作り置きの食材を購入して食べる機会が多くなっている現代社会、冷たい食べ物ばかりを食べている人も多いようです。


冷たい食べ物そのものは決して体に害をもたらすようなものではないのですが、そればかりを食べていると健康に問題をもたらす恐れが出てきます。食事をすると体が温まりますが、冷たい食べ物ばかりを食べているとあまり体が温まらないため、血行が滞ったり、体温が上昇しないといった問題が生じるのです。


その結果、薄毛やハゲる原因になってしまう恐れもあります。血行不良に陥ると頭皮の血液の流れが阻害され、毛根部に栄養が十分に行き渡らなくなります。その結果、健康な毛髪が作られにくくなるのです。寿命が短い細く、弱い毛しか生えてこなくなり、すぐに抜けてしまうことで抜け毛の増加、薄毛が進行していきます。また、体が温まらず、低体温になると自律神経のバランスが崩れてしまい、血行不良の原因になったり、免疫力の低下などが起こってしまいます。免疫力の低下によって頭皮へのダメージに敏感になってしまったり、細菌・ウイルスの侵入を許して炎症を発症しやすくなってしまいます。


ですから、冷たい食べ物と温かい食べ物をできるだけバランスよく摂取していくことが重要になるのです。日ごろ冷たい食べ物ばかり食べている人は、抜け毛が増えていないかどうか確認してみましょう。また、薄毛対策を行っている人はハゲる原因を作っていないか食生活の状態を改めて見直してみた方がよいでしょう。

寒い室内にずっと居るのも注意が必要かも知れません。

いくら冷たい食べ物や飲み物といっても、かなりの量を取らないと体温を下げることはないでしょう。しかし夏場の効きすぎたエアコンや、暖房をまったく付けない冬場など、それらは体温を下げることになり、血流を悪くする恐れはありますね。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ