食生活はハゲの原因になるのか調べてみました。

遺伝の要素が大きいものの食生活も関係するようです。




ハゲる原因の中でもとりわけ大きいのが遺伝と生活習慣と言われます。生活習慣の中でもとくに重要視されるのが食生活。健康の土台となる部分だけに、それが乱れていると頭皮・毛髪にも影響が及ぼされるのです。


実際、食生活がハゲる原因となっている人も多いようです。なぜか。世の中には育毛・発毛によくない食事というものがあります。そして、現代社会はそうした食事を多く摂りがちな環境におかれているのです。まず注意したいのが脂分と糖分。どちらも皮脂の分泌量を増加させる要因となります。その結果、毛穴を詰まらせ、フケ症や脱毛の原因をもたらしてしまう恐れがあります。スナック菓子を多く食べている人は、要注意でしょう。


それから塩分にも注意したいところです。日本人はもともと塩分の摂取量が多いといわれています。塩分は脱毛を促す働きがあるとされているため、育毛対策ではなるべく控えた方がよいのです。脱毛が気になり始める30代~40代は高血圧など生活習慣病も心配になってくる時期ですから、塩分対策をしっかり行っておくとよいでしょう。


他には、冷たい食べ物ばかりを食べているのも要注意です。体が冷えてしまい、血行不良に陥りがちになります。それが頭皮の血行も悪化させ、ハゲる原因になるとも言います。温かい食べ物も摂り入れ、体を冷やさないように心がけましょう。


毎日のちょっとした心がけで薄毛を改善できるかもしれません。まずは、基本となる食生活を根本から見直してみて下さい。

管理人としては大きな要因ではない気がしてますが。

薄毛は栄養不足と言っても、日本は海や山にかこまれてますし、幸いなことに食べるものに困ってる民族ではありません。国によってはまともな食事が出来ない所もありますが、そこの方々は特別薄毛というわけでもありません。


あくまでハゲる原因を1つ作ってしまった・・・この程度なのかなと。栄養失調の人は全てハゲてませんし、大きく影響が出るとは思えません。なので上記の冷たいものを食べ過ぎないことや、塩分を摂りすぎないことなどを注意すれば、そこまでナイーブになることはないでしょう。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ