帽子はハゲの原因になるのか調べてみました。

帽子はシチュエーションによって被ったり脱いだりするべき。




ハゲる原因になるかどうかで賛否両論となっているのが帽子です。帽子をかぶっていると毛髪によいのか、よくないのか。いまだ決定的な意見が出ていない状況です。


その意見は大きく2つに分けられます。ひとつは帽子がハゲる原因になるとする立場のもので、帽子で頭部を覆っていると頭皮が蒸れてしまい、皮脂や角質が毛穴を詰まらせて脱毛の原因となってしまうという意見。もうひとつは帽子が抜け毛対策によいとする立場のもので、帽子で頭部を覆っていることで紫外線など、外部からの刺激か頭皮と毛髪を保護できるため、薄毛を防ぐことができるという意見。まったく両極端な意見ですが、どちらが正しいのか微妙なところ。


夏場、日差しが強いシチュエーションを考えると帽子をかぶって蒸れるリスクよりも、紫外線を頭部に浴びてダメージを受けるリスクの方が大きいように思えます。その意味では帽子はハゲる原因ではなく、防ぐ対策となるでしょう。ただ、蒸れるのも事実ですから、その対策を行っておくことも大事です。長時間帽子をかぶって外出した場合には洗髪をしっかり行う習慣をつけておく必要があるでしょう。


こうしてみると帽子は一部の例外的なシチュエーションを除けばハゲる原因ではなく予防に役立つといえるでしょう。日ごろ帽子を使っている人はあまり神経質にならず、育毛対策と併用していくとよいのではないでしょうか。また、帽子を使わない人も夏場の紫外線対策に役立ててみるとよいかもしれません。

色んな意見をまとめると麦わら帽子が最強かも。

つまり帽子は頭皮が蒸れない、さらに紫外線から頭皮を守るために被るのはOKということなので、麦わら帽子が最強という管理人の結論です。通気性もいいですし、ちゃんと紫外線から頭皮を守れるし、さすがに被って町を歩けませんけどね。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ