遺伝はハゲの原因になるのか調べてみました。

また正確な因果関係は不明ですが間接的なデータはあるようです。




ハゲる原因の中でも、おそらく最も多くの人が心配しているのが遺伝でしょう。生まれつきハゲる原因を抱えているのでは、どんなに一生懸命対策を行ったところで十分な効果は期待できないからです。いざ薄毛が始まると「どうせオレは遺伝でハゲるのが決まっていたんだ」とガッカリするケースも多いものです。


「実際に遺伝によってハゲる」この点に関しては、まだ研究が十分に進んでおらず、直接的な因果関係はまだ不明な状態です。ただ、近年になって薄毛をもたらす遺伝子が特定でき、それを抑制することでハゲの改善が可能になったという研究結果もあり、やはり何らかの形で遺伝子とハゲの間には密接な関わりがあるようです。


間接的なデータならいろいろとあります。たとえば父親がハゲている場合、子供がハゲる可能性は50パーセントにも及ぶといわれます。さらに母方の父もハゲていた場合にはその確率は70パーセント程度にまで上昇するとも言われています。


また、隔世遺伝の要素が大きいとも言われます。父親がハゲていなくても、父母どちらかの親がハゲていた場合に遺伝するケースです。具体的なデータはありませんが、このケースで薄毛の悩みを抱えている人は少なくないようです。ある研究では薄毛は5代後まで遺伝する可能性があるとも言います。


薄毛の中でも、とくにAGA(男性型脱毛)がとくに遺伝しやすいと言われています。薄毛が気になる人はある程度そのリスクを自覚しつつ、日ごろの対策は取るべきでしょう。

中には遺伝は関係しないと言ってる専門家もいるようです。

ハゲの原因は単純に髪の栄養や酸素が不足しているのが原因・・・と考えてる専門家もいます。つまり頭皮の環境が悪かったり、毛細血管がトラブルを招き、一時的に抜け毛が進行している・・・ということ。


1つの意見としては分かりますけど、管理人としてはイマイチ信用できないかな。例えば髪をほとんど洗わない民族もいますし、1日中日光に頭皮を浴びて傷めてるにもかかわらずハゲない人も多いですし。


管理人としては「やっぱりハゲに遺伝は関係する」ということ。色んな専門家の意見を合わせると、だいたい50%は遺伝による薄毛なのかなと。ただ遺伝=男性ホルモンですから、その男性ホルモンの分泌を抑える医薬品もありますし、育毛剤だってあります。遺伝だから諦めようって考えは早いような気もします。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ