男性ホルモンはハゲの原因になるのか調べてみました。

大きな影響はあるものの医薬品や育毛剤で何とかなるか。




ハゲに関する研究が進んだことで近年とくに注目、というより悪役扱いされることが多くなったのが男性ホルモン。「性欲が強い人はハゲやすい」などと昔から言われてきましたが、現実に男性ホルモンがハゲる原因をもたらしているのです。


なぜかというと、これは体内の複雑なメカニズムが関わっています。まず、テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。すると体内で5αラダクターゼと呼ばれる酵素が働き、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化させます。このDHTには発毛を阻害させてしまう働きがあるため、ハゲる原因を作ってしまうのです。


この男性ホルモンと5αリダクターゼの生成量は遺伝的な要素も大きいといわれており、もともとハゲやすい人とそうでない人がいるらしいです。「男性型脱毛症は遺伝的な要素が大きい」と一般的に言われているのも、この男性ホルモンと酵素が理由です。


最近では「飲む育毛剤」として注目を集めているプロペシアが、この5αリダクターゼの働きを抑制することで育毛効果をもたらすことに成功しています。その意味では男性ホルモンよりもむしろこちらの酵素のほうがハゲる重要な原因といえるかもしれません。どちらにしろ、日ごろの対策だけではハゲを食い止めるのが難しい面もあります。ただ、生活習慣で改善することも可能で、ノコギリヤシなどが注目されています。どうしても薄毛の進行が止まらない、という人はヘアクリニックなどに相談するべきですね。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ