パーマはハゲの原因になるのか調べてみました。

ハゲる原因として大きな影響は与えないようです。




頭皮を傷めると、育毛に悪い影響を及ぼすといわれています。一方、現代社会には頭皮に過剰な刺激をもたらす要素が溢れています。その中でも注意が必要、とよく言われているのがパーマです。ファッションの一環として重要な意味を持つパーマですが、それがハゲる原因になるというのです。近年急増していると言われる女性のハゲの原因のひとつとも言われています。


実際に原因になるのか調べましたが、この点に関しては2つの面からの検討が必要です。ひとつはパーマ液の影響。パーマ液が頭皮に付着し、それが脱毛の原因となってしまう可能性です。この点に関しては、ほとんど心配がないと言われています。一時的に脱毛が生じることはありませんが、それがハゲの原因になることはなく、パーマ液がなくなれば自然と生えてくるようになります。


問題なのはもうひとつ、パーマによって頭皮が傷んでしまうケース。こちらは要注意です。頭皮が傷むことによって血行不良を引き起こし、発毛・育毛に必要な栄養分が毛根にまで届かなくなってしまう可能性があるからです。ただ、この点も決定的な要素になることは少ないとされており、食生活の乱れや誤ったシャンプーなど、他の要因と組み合わせることではじめて影響があらわれるといいます。


このように、パーマはハゲの原因としてはあまり深刻なものではないことがわかります。まずは生活習慣の改善からはじめるべきでしょう。その上で、パーマが頭皮を傷めていないかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

管理人なりに大丈夫なパーマの回数を調べてみた。

パーマはそれほどハゲる原因にはならないようですが、だからと言って毎月のようにパーマをあててるとやっぱり薬品による影響はあるでしょう。


やっぱり頭皮は土壌なので、健康にしておく必要はあります。いつも農薬漬けだと良い作物は育ちませんし、毛髪も同じことかなと。これは医学的な根拠も何もないんですけど、年に2回のパーマなら大丈夫なような気がします。


実は管理人は髪型を変えるのが好きなので、毎月のようにカラーをあてたりパーマをあてたりヤンチャをしてました。そのときは若かったのですが、たしかに抜け毛が多かったような記憶があります。半年に1度なら頭皮の状態も正常に戻ってるでしょうから、どうしてもオシャレしたい方は2回くらいで我慢です。


ちなみにパーマとカラーはどちらが頭皮に悪影響かというと、カラーです。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ