早食いはハゲの原因になるのか調べてみました。

よく噛むと消化器官が活発になり体温上昇で血行が良くなる。




現代人は、よく噛んで食べる習慣が身についていないとよく言われます。実際、数十年前に比べると1回の食事で噛む回数は確実に減っているようです。これは早食いの習慣の増加とも結びついています。仕事などに追われて、ゆっくりと食事を楽しむ余裕を持っていない人も多いでしょう。


そんな早食いがハゲる原因になる可能性もある、と聞くと驚く人も多いと思うのですが、実際、早食いの習慣があるからといって必ずしもハゲる原因になるとは限りませんし、直接的な影響はありません。しかし、早食いが発毛・育毛と関わりのある健康状態を悪化させることで間接的に原因となってしまうことがあるのです。


もっとも注意したいのが、よく噛んで食べないことによる消化不良。早食いの人はよく噛まずに次から次へと食事を放り込んでしまうため、どうしても消化不良気味になります。そうなるとせっかく摂取した栄養分が体内に吸収されづらくなり、栄養不足に陥ってしまう可能性があるのです。とくに食生活が偏り、発毛に必要な栄養分が不足気味になっている人は注意が必要でしょう。


それから早食いは胃腸機能の低下ももたらします。それは栄養の吸収とも関わってきますが、血行不良や頭皮の状態の悪化を引き起こす場合もあります。胃腸と肌との密接な関わりはよく知られていますが、それが抜け毛や薄毛に結びついてしまう恐れもあるわけです。


よく噛んで食べることは、誰でもできる簡単な対策です。それだけにハゲ対策の基本として日ごろから心がけていきましょう。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ