お酒はハゲの原因になるのか調べてみました。

飲み過ぎは頭皮や毛髪にとって良くないらしい。




飲酒の習慣を持っている人も多いでしょう。タバコとは異なり、体によい影響を及ぼし、ストレス解消などにも役立ってくれるため、必ずしも悪い印象をもたれていないお酒。しかし、よい効果を得られるのはあくまでほどほどの飲酒までです。摂取量が過ぎるとさまざまな悪影響をもたらします。そんな悪影響のひとつにハゲがあります。


適量の飲酒は血行を促進させ、また睡眠をもたらすことで育毛対策によい影響を及ぼす面も持っています。ただ、お酒を育毛対策に役立てようとすると、どんどん摂取量が多くなり、やがて依存してしまう恐れがあります。そんな罠に、はまらないことが第一です。


それから、より直接的にハゲる原因になる面もあります。まず摂取したアルコールが体内で分解される過程。肝臓で分解されることはよく知られていますが、その際にはアセトアルデヒドという毒性のある物質が発生します。これも分解され、最終的に無害な酢酸になるのですが、アルコールの摂取量が多くなると分解が間に合わず、アセトアルデヒドが血液を通して体内に循環してしまいます。これが脱毛の原因として注目を集めているジヒドロテストステロン(DHT)を増加させてしまうのです。ですから、かなり直接的なハゲる原因になるといえます。


それから、糖分の過剰摂取です。アルコールの種類にもよりますが、糖分が含まれているものも少なくありません。知らず知らずのうちに糖分を多く摂り過ぎてしまっているケースもあります。糖分が皮脂の分泌量を増やし、毛穴を詰まらせる原因を作ってしまいます。やはり、ハゲを防ぐためには飲酒はほどほどにしておいた方がよさそうです。

本当に抜け毛が増えるのか自分の体で試してみました。

管理人はもともとお酒はあまり飲まないのですが、抜け毛が増えるのか検証したかったので1ヶ月ほどお酒を飲んでみました。適量は逆に髪の良いらしいので、量は酔っぱらうまで。さすがにキツかったですけど。


ただ飲酒により抜け毛が増えたことは実感できませんでした。しいて言うなら朝起きるのが辛くなった・・・というだけ。もっと長く飲み続ければ抜け毛も増えたかも知れませんが、管理人の体で試して分かったことは、普段からお酒を飲む人も、休肝日を作ってやれば問題ないのでは?ということ。個人差はあるでしょうが。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ