塩分の摂り過ぎはハゲの原因になるのか調べました。

AGAの進行を早める可能性があるようです。




塩分の過剰摂取に警鐘が鳴らされています。とくに高血圧の原因になることが大きな問題となっており、できるだけ塩分を控えた食生活が社会全体で求められているのです。


じつはこの塩分、ハゲる原因になるのではないか、とも言われています。刺激の強い香辛料とともに、脱毛を促す作用が備わっているというのです。まだハゲとの直接的な因果関係については十分に解明されていない面もあるのですが、注意しておいた方がよいでしょう。


高血圧の原因になると書きましたが、血圧の上昇が男性型脱毛症の原因にもなるといわれています。遺伝的な要素が大きいといわれている男性型脱毛症ですが、塩分の過剰摂取がその進行を早めてしまう恐れがあるわけです。このタイプの脱毛症は、とくに自分での対策・改善が難しいですから、さらに悪化させてしまうような、ハゲる原因はできる限り排除することが求められます。


日本人はもともと塩分の摂取量が多いといわれています。健康食として世界的に評価を高めている和食の唯一の問題点ともいえるでしょう。日ごろ、味付けの濃い食事を好んでいる人、醤油を多く付けすぎる人などは塩分の摂り過ぎに注意するとよいでしょう。最近では、塩分控えめをセールスポイントにした食材も多く売られていますから、そうしたものを意識して摂取するよう、心がけるのもよいでしょう。生活習慣病対策としてではあまりやる気が起こらなくても、抜け毛・ハゲ対策なら真剣になって取り組む人も多いのでは?


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ