フケはハゲの原因になるのか調べてみました。

あまり心配しなくていいですがハゲの前兆になるかも。




フケ症に悩まされている人も多いようです。かつてフケといえば不潔の代名詞、入浴・洗髪をしっかり行っていない人にできるもの、というイメージがあります。しかし現在では、毎日しっかり洗髪しているのも関わらずフケが止まらない人が増えています。


基本的には心配する必要はありません。フケ症は分泌された皮脂や剥がれ落ちた角質の塊です。新陳代謝が活発に行われているからこそ、フケが生じます。ハゲの心配をするよりも、まず皮脂の分泌量を減らす対策を行ったほうが良いでしょう。


ただ、あまり症状がひどいフケ症の場合、ハゲる原因になることもあります。毎日シャンプーをしても、フケがとまらない、という人は皮脂の分泌異常を起こしている可能性があります。糖分や脂分の多い食事を摂り過ぎている、刺激の強すぎるシャンプーを使用しているなどです。その結果、皮脂が毛穴を詰まらせ、血行不良や炎症の原因となってしまう恐れがあります。それが悪化すると、ハゲる原因となることも考えられるのです。


また、フケ症が脂漏性皮膚炎に発展する場合もあります。これは真菌が頭皮に繁殖したことで発生する皮膚炎で、悪化すると脱毛症に進行する可能性もあります。


ですから、それほど神経質になる必要はありませんが、悪化するとハゲる可能性があることを頭に入れたうえでフケ症の対策を行っていくとよいのではないでしょうか。単にシャンプーをしっかり行うのではなく、生活習慣そのものの改善が必要になってくる場合もあります。

管理人の周りのフケ症の人たちを観察してみた。

これは管理人が中学の話なんですが、いつも制服の肩の部分がフケで白くなっている友人が数人いました(汚い話ですいません)で、それから大人になり同窓会で会ったのですが、別にハゲてません。フケなんて関係なかったのかなと思いました。


やっぱりハゲない人はどんな症状が起こってもハゲないんでしょうね。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ