甘いものの食べ過ぎはハゲの原因になるのか調べました。

甘い食べ物やドリンクというより糖質を控えるべきでしょうね。




甘いものが好きな人も多いでしょう。スナック菓子が手放せないという人もいるでしょう。しかし甘いものやスナック菓子のような刺激が強いものはハゲる原因を作ってしまう恐れがあるので、注意が必要です。


脂分が多いものを食べるとハゲやすいとはよく聞きます。これは脂分と同じような原因が潜んでいます。体内の糖分を分解する際にはビタミンBを大量に消費してしまいます。その結果、体内の代謝機能が低下することで皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。皮脂が毛穴を詰まらせ、血行不良や炎症を引き起こすことで、結果的に抜け毛をもたらしてしまうのです。


実際、薄毛治療の現場では糖質を制限する食生活の指導も行われており、抜け毛が減る効果が現れているといいます。血行不良が改善されることで毛のボリュームが増したり、黒く太い毛が生えてくるといった効果も見られるようです。


注意したいのは、糖分はさまざまな食材に含まれていること。スナック菓子を止めただけでは効果が見込めない可能性もあります。たとえばアルコール。ビールなど、糖分が多く含まれているアルコール飲料も少なくありません。それからペットボトル飲料です。ペットボトル症候群が問題視されているように、糖分の過剰摂取の原因となります。甘いものだけでなく、糖分そのものの摂取にも注意をしながら、ハゲる原因の改善を目指してみるとよいのではないでしょうか。肌質の改善や糖尿病をはじめとした、生活習慣病対策にも役立つはずです。

ただそこまで薄毛には関係しないと思われます。

先ほどの流れを見ると糖質=ハゲという理論は成り立ちそうですけど、基本的に関係ないと思ってもいいでしょう。甘党の人=ハゲ。というわけでもないですし、管理人の周囲の薄毛の人を見ても、特に甘党の人はいませんでした。


ほんの少しは関係あるかも知れませんが、チョコとかクッキーくらい少し食べたところで何の問題もないでしょう。どちらかというと抜け毛というより肥満という形で表れてくると思います。


薄毛には他にこんな原因が考えられます。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ