アミノ酸は本当に育毛効果があるのか調べました。

育毛に関係する成分・物質のナンバーワンでしょうね。




育毛効果が期待できる成分・物質のナンバー1といえば、アミノ酸でしょう。アミノ酸は簡単に言えば有機化合物です。つまり酸素、窒素、水素、炭素からなっています。人間の体のほとんどは、この有機化合物のタンパク質でできています。このタンパク質を構成している、一番小さな単位がアミノ酸です。例えば髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質ですが、18種類のアミノ酸で構成されています。このことから、アミノ酸は特定の物だけ摂取しても、あまり意味がないことが分かります。バランスが大切、ということです。


このバランスをとることが、現代社会では難しいといわれています。育毛に悩んでいる壮年期の男性の場合はそう言えるでしょう。サラリーマンなどですと、お昼はファーストフード、夜は飲み会でこってり系の食事、というパターンも多いと思います。育毛効果が期待できる成分・物質のアミノ酸を多く含んでいるのは、植物性タンパク質です。ファーストフードや外食産業で植物性タンパク質を摂ることは難しいことでしょう。


さらにアルコールを分解するためにも、アミノ酸が使われてしまいますので、発毛に使われるべきアミノ酸が少なくなってしまいます。加工食品にはアミノ酸は含まれていないことが多く、足りない場合はサプリメントで補給することもできます。しかし健康な髪の毛を作るためには、健康な体が必要なことは言うまでもありません。そこで、アミノ酸が豊富な穀類や豆類をバランスよく摂取することをお勧めします。

必須アミノ酸をバランスよく含むのは卵など。


アミノ酸といっても種類が多く、必須アミノ酸と呼ばれるものはバリン、リジン、メチオニン、トリプトファン、ロイシン、ヒスチジン、スレオニン、イソロイシン、フェルアラニンの9種類。これらをバランスよく摂れるのは卵や小麦粉など。


他にも魚類や大豆製品にも良質なアミノ酸が多いですので、そちらも食べて下さい。
卵ばかりだと偏りますし、コレステロールの摂り過ぎが心配ですので。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ