アルニギンは本当に育毛効果があるのか調べました。

成長ホルモンを増加させ毛母細胞の働きを活発にしてくれます。




アルニギンはアミノ酸の一種で、育毛効果が期待できる成分・物質の1つです。なぜかというと、一番の理由は成長ホルモンを活性化させるからでしょう。成長ホルモンと育毛には、大きな関係があります。成長ホルモンは毛母細胞に作用して、細胞分裂を促すことが出来ます。つまり髪の毛を作りやすい状態にすることが出来るのです。さらに成長ホルモンには、細胞の老化を抑える作用があるといわれています。


育毛にはいいことばかりのように思える成長ホルモンですが、10代をピークに減少を続けることが知られています。40代では10代に比べ、成長ホルモンが半分以下になるようです。では成長ホルモンを直接使えばいいのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。


しかし成長ホルモン自体は、強力な作用がありすぎるため、日本では育毛の分野では直接使用することが出来ません。そこで自然な形で、成長ホルモンを増やすことが必要となってきます。アルニギンにはその効果があります。成長ホルモンの分泌を促すことが出来るのです。ただし、効果を期待するには一定量の摂取が必要のようです。


またアルニギンには成長ホルモンを増加させるだけでなく、血管の硬化を防ぐ作用もあります。頭皮の毛細血管が機能しやすくなり、毛母細胞の働きが活発になるわけです。アルニギンは毛母細胞にダブルで効く、という点で育毛効果が期待できる成分・物質ということが出来ます。

準必須アミノ酸ですが肉類をはじめ多くの食材に含まれてます。


写真は豚肉ですが、アルニギンの吸収率を上げるためにビタミンB6も摂りたいところ。
例えば豚しゃぶはゴマダレで食べたり、組み合わせによって相乗効果が得られます。


ただ肉類はカロリーや脂肪分が心配なので、大豆製品や魚類で摂ってもいいでしょう。
中でも高野豆腐はアルニギンの含有量が多く、安くて手軽に食べることができます。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ