ビオチンは本当に育毛効果があるのか調べてみました。

お酒や抗生物質を飲むと消費してしまいます。




ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種で、育毛効果が期待できる成分・物質です。ビオチンは水溶性ビタミンなので、吸収されなかった分は直ちに体外に排出されます。このため他のビタミンのように、過剰摂取の問題はないと言ってよいでしょう。ビオチンは腸内で細菌によって生成されます。ただし、不規則な生活が続いたり、悪い食生活が続いたりすると、腸内で生成されるビオチンの量が少なくなり、体に十分いきわたらなくなります。ビオチンが足りなくなると、白髪、脱毛、頭皮の炎症になりやすくなりますので、頭皮の敵となることは間違いありません。


ビオチンは、アミノ酸の代謝にかかわっています。アミノ酸は髪の毛の材料そのものですから、ビオチンが不足すると、特に髪の毛の材料が確保できないことになり、極端に細い毛が生えたり、抜け毛が増えたりします。ビオチンを充分に摂取すると、髪の毛の材料をきちんと確保しやすくなりますので、毛髪の成長にプラス効果が期待できることは間違いないといえるでしょう。


ビオチンは、コラーゲンの生成にもかかわっています。ビオチンを摂取すると、コラーゲン不足を予防することが出来ます。髪の毛のツヤツヤ感や、太さのもとになっているコラーゲンが不足すると、やはり丈夫な髪が育ちにくくなります。このコラーゲン生成時のエラーをビオチンは防いでくれるのです。育毛効果が期待できる成分・物質のビオチンですが、アルコールの摂取量が多かったり、喫煙量が多かったりするとビオチン不足になることが知られています。心当たりがある方は、充分な摂取量を確保しておきたいものです。

色んな食材に含まれますが牛レバーに特に多いようです。


ビオチンは肉類や魚類をはじめ、野菜や乳製品など多くの食品に含まれてます。


育毛に良いといっても、バランスの良い食事をしていれば不足することはありません。
不足すると筋肉痛・・・疲労感・・・などが起こり得ますが、まず心配ないでしょう。


逆に過剰摂取の方が怖いです。生卵を1日に5個も6個も食べていると皮膚炎の他に
脱毛が起こる可能性もあるようなので、意識しないくらいが丁度いいと思います。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ