カプサイシンは本当に育毛効果があるのか調べました。

カプサイシンはイソフラボンと摂ることで相乗効果が・・・。




カプサイシンが育毛効果が期待できる成分であることは、実はあまり知られていません。しかしカプサイシンの効果によって、血行が良くなることは知られていると思います。血行が良くなれば、頭皮の血流も良くなります。つまり髪の毛にも、栄養が行き届きやすくなるといえます。カプサイシンは育毛効果が期待できる成分・物質といえますが、実はそれ以上の効果があります。


育毛に悩んでいる方のほとんどは、男性型脱毛症でしょう。正常な髪の毛は、発毛し、成長し、抜ける、そして再度発毛するサイクルを繰り返しています。男性型脱毛症は、髪の毛の成長期に毛母細胞が正常に働かず、髪が抜けてしまう症状です。この毛母細胞に発毛を働きかける物質がIGF‐1といわれています。IGF‐1は、インスリン様成長因子と呼ばれています。IGF‐1の効果で細胞が活性化します。すると髪の毛の成長を促すことができるわけです。そこで育毛効果が期待できる成分・物質であるカプサイシンが登場するわけです。


まずカプサイシンを摂取することで、知覚神経が刺激されます。刺激は脳に伝わります。脳はその刺激を、頭皮の知覚神経にも伝えます。そうすることで、刺激を受けた細胞からCGRPという物質の放出が起こります。すると毛乳頭にCGRPが作用し、IGF-1を作ります。作り出されたIGF-1は、毛母細胞に成長をうながすよう作用します。カプサイシンによりCGRPの放出は促進されます。ただしカプサイシンは、CGRPを放出してくださいという作用は行えますが、CGRPそのものの原料ではありません。このためCGRPを作り出すイソフラボンとセットで摂取することにより、育毛効果が期待できるわけです。

ハバネロは唐辛子の約10倍のカプサイシンが含まれます。


ハバネロは唐辛子に比べて圧倒的に辛味が強いぶん、カプサイシンの量も多いようです。
最近ではハバネロもパウダーで販売されてて、手軽に購入できるようになりました。


ただカプサイシンが血行促進に効果があるといっても、ハバネロは避けた方が良さそう。
管理人もラーメンとか味噌汁にハバネロパウダーを入れたことがあるのですが
はっきり言って辛すぎて食べれませんし、汗をかいて逆効果のような気がしました。


汗をかくのは悪いことではありませんが、ハバネロはちょっと刺激が強すぎます。
なので市販の一味唐辛子で全然問題ありません。刺激が強いのも考えものです。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ