システインは本当に育毛効果があるのか調べました。

不足すると抜け毛が増えて髪の質が悪くなるようです。




育毛効果が期待できる成分・物質の1つにシステインがあげられます。システインとはアミノ酸の一種です。システインは代謝に関与する酵素を活性化させるだけでなく、毒素を積極的に排出して肝臓や脳を保護します。またシステインには老化を抑える抗酸化作用などの作用もあります。以上の点だけでも、育毛効果が期待できる成分・物質といえますが、システインにはさらに重要な役割があります。


頭髪はケラチンというタンパク質からできています。もちろん、ケラチンだけでなくその他のアミノ酸によっても構成されていますが、主といえるのはケラチンです。ではそのケラチンが何からできているのかというと、システインなのです。つまり、システインは髪の原材料と言ってよいでしょう。システインが不足すると、切れやすい髪、細い髪、抜けやすい髪が作られてしまい、抜け毛が多くなってしまいます。


またシステインは、疲れた目の修復にも使用されます。職場や家庭では、パソコンや液晶テレビ、携帯電話など、目を酷使するものが多いと言えるでしょう。疲れた目の修復にシステインが使用されると、髪の毛の原料が減ってしまうことになります。またお酒を飲むと、アセトアルデヒドという物質が体内に蓄積します。このアセトアルデヒドを分解するためにもシステインが使われます。システインは育毛効果が期待できる成分・物質ですので、育毛でお悩みの方、特に仕事はパソコンを使うことが多い方、夜はアルコールを飲む機会が多い方は、ぜひ摂取を心掛けてほしいと思います。

多くの食材に含まれますけど鰯など魚類に多いようです。


魚類だけでなく野菜・果物・穀物など多くの食材に含まれるので摂取は楽です。
管理人のおすすめは低カロリーでタンパク質も多い鰯かなと。缶詰でも買えますし。


ちなみにシステインは髪の毛のタンパク質の中でも16%を占めるほど重要。
缶詰なら1個100円でスーパーに置いてますし、買い置きしておくと便利です。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ