フコイダンは本当に育毛効果があるのか調べました。

育毛と言うより頭皮のコンディションを整える効果。




フコイダンとは、海藻のネバネバした成分に含まれる食物繊維のことです。もずく、わかめ、めかぶ、昆布などに多く含まれていますが、食物繊維そのもの、というよりも抽出した成分が、育毛効果が期待できる成分として知られています。フコイダンの特長として、種類が様々で、効果も全く異なってくることが挙げられるでしょう。つまり、もずくから抽出したフコイダンと、ワカメから抽出したフコイダンは別物だということです。


例えば昆布由来のフコイダンは、髪の毛の毛母細胞、特に髪の成長因子に働きかける効果があるといわれています。とはいえ、たとえどの海藻由来のフコイダンであっても、天然の成分が原料となっていますので、育毛にマイナスになることはないでしょう。どんな種類のフコイダンでも、髪の毛の原材料であるアミノ酸が豊富に含まれています。


フコイダンには、保湿力があることが知られています。これはフコイダンが、女性のスキンケア用品に使用されているケースが多いことからも、お分かり頂けると思います。頭皮にとっても保湿は大切と言えるでしょう。


頭皮が乾燥すると、フケが発生しますし、頭皮自体も固くなります。頭皮が固くなると、血流が悪くなり、毛細血管の流れが滞ってしまいます。こうなると、どれだけ育毛剤を使用したとしても、育毛の効果は上がりません。フコイダンは頭皮のコンディションを整える点で効果的かなと思いました。

海藻類の中でももずくに多く含まれてるようです。


めかぶ、昆布、わかめ、海藻類にはフコイダンが多くても、もずくが圧倒的でした。
管理人も髪の健康のために、スーパーでパックで売られてるもずくはたまに食べます。


育毛には多種多様な食材を食べる必要がありますが、もずく酢などであれば
ビタミン類やミネラルも同時に摂れますし、髪の質を上げることもできるでしょう。



他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ