馬油は本当に育毛効果があるのか調べました。

血行促進と過剰な皮脂の分泌を防ぐ働きがあります。




馬油とは、馬の脂肪から生成し、不純物を除去し純度を高めた油です。「バーユ」か「マーユ」と読むことが多いようです。動物の脂肪から生成した油は、結構身近にあるものです。日本では、豚の脂肪から生成されるラードや、クジラの脂肪から生成される鯨油(げいゆ)が一般的に認知されています。


馬油は、育毛効果が期待できるオイル。馬油の主成分は脂肪酸ですが、人間の皮脂成分に非常に近い性質を持っていると言われています。このため、成分が人間の頭皮に浸透したり、なじんだりしやすい特徴があります。特に頭皮に直接使用すると、栄養成分を直接届けやすくなるので効果的です。


過剰に皮脂が分泌されると、毛穴が詰まりやすくなり、発毛の妨げとなる場合があります。この点、馬油は過剰な皮脂の分泌を抑制する効果があります。さらに馬油は、頭皮マッサージに使用すると効果が抜群です。なぜなら、詰まった毛穴に蓄積された皮脂を、溶かして除去する効果があるからです。ご存知のように、女性がメークを落としたり、顔の毛穴に詰まった角栓を除去したりするときには、クレンジングオイルを使用します。馬油も、これと同じ作用をします。つまり皮脂という油分を除去するには、同じ馬油という油分が効果的なわけです。


さらに、頭皮を馬油でマッサージすると、血行が促進されますし、皮膚の質が向上します。皮膚の質が向上すると、頭皮が柔らかくなり、育毛に適した状態となります。馬油は、複数の効果がある点で、育毛効果が期待できる物質ということができます。

馬油は自宅で作れるようです。


馬油って専門の製造機でしか作れないと思いきや、自作でも作れるようです。
作り方は単純で、馬脂(たてがみの生えている部分の皮下脂肪)を用意して
それを焦がさないよう鍋に弱火でかけ、混ぜながらじっくり溶かしていきます。


全て溶けたら冷めるまで待ち、後はタオルでろ過して終わり。簡単です。
とはいえ、自分で使用する勇気もなく、結局挑戦もしていない管理人・・・。
また馬油は臭みが強いようで、何らかの脱臭処置をしないととても使えない。


ということで、馬油の自作は諦めて、メーカーから買うのが1番でしょうね。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ