イソフラボンは本当に育毛効果があるのか調べました。

カプサイシンと同時に摂取しないと効果は弱そう。




イソフラボンとは、赤ワインの成分としても知られるポリフェノール類の1つで、フラボノイドの一種です。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た性質を持っています。このため、女性ホルモンが不足している女性が摂取する機会が多いようです。女性ホルモンは、女性特有の特長を作り出しています。つまり、体毛は色素が薄く、量が少なめ、髪の毛は色素が濃く、量が多め、といった具合です。これに対し育毛で悩む男性は、逆のケースが多いと言えるでしょう。体毛が濃く、量が多い、髪の毛は少ないという感じです。


イソフラボンは男性の体内で、女性ホルモンのように作用します。これは変な意味ではなく、育毛に効果的な働きとして作用すると言えます。ちなみに男性の体内でもほんの微量ですが女性ホルモンは存在しています。女性のように色素が濃く、量の多い髪の毛を作るようイソフラボンは促すわけです。この点でイソフラボンは、育毛効果が期待できる成分・物質と言えるでしょう。


さらにイソフラボンは、毛母細胞に発毛を促すといわれているIGF‐1を作るために必須の物質です。IGF-1を作るためにはCGRPという物質が必要ですが、このCGRPを作り出すことが出来るのは、イソフラボンしかありません。ちなみにCGRPの作成を増進させるのはカプサイシンです。イソフラボンとカプサイシンは共に育毛効果が期待できる成分・物質ですが、2種類をセットで摂取すると効果的でしょう。

1g中の含有量だけで見ればきな粉が1番多いようです。


イソフラボンといえば納豆や豆腐など大豆製品に多いですが、中でもきな粉は必見。
多く食べるのは難しいですが、1g中に含まれるイソフラボンは納豆の約2倍。


ただ食べるシーンが限られるのがデメリット。管理人はきな粉餅しか思いつきません。
コンビニにも売られてますけど、薄毛に悩む人が甘いものを食べるならベストな甘味。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ