レシチンは本当に育毛効果があるのか調べました。

欠乏すると血流が悪くなり髪の毛に悪影響らしいです。




レシチンは、リン脂質を含む脂質製品全般のことです。レシチンと一言で言っても、2種類のレシチンがあり、それぞれ原料が違います。卵黄を原料とする卵黄レシチン、大豆を原料とする大豆レシチンの2種類が知られています。この2種類は、それぞれ効果や作用が異なっています。このうち、育毛効果が期待できる成分・物質といえるのは、大豆レシチンの方です。ちなみに卵黄レシチンは脳に作用するといわれています。


レシチンの摂取量が少なくなると、体中の血流が悪くなります。場合によっては、脱毛が起こることもあります。また細胞生成に影響が出ますので、当然、毛母細胞にも悪い影響を与え、発毛にも良くありません。その他、疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったり、動脈硬化がおこったりします。レシチンにより、血流が改善されます。血流が良くなれば頭皮にプラスになることは言うまでもありません。またレシチンは細胞中に栄養を吸収し、細胞生成を活発化させ、老廃物を除く効果があります。つまり毛根細胞、頭皮細胞の分裂を活性化させることが出来るのです。


さらにレシチンは、コレステロール、中性脂肪、脂肪酸にも作用し、これらを代謝・排出させやすくします。育毛の敵に、過剰な皮脂があります。育毛で悩んでいる方の頭は、必ずといってよい程、頭皮が皮脂で光っています。皮脂自体は悪いものではありませんが、過剰な皮脂は育毛の敵です。レシチンは中性脂肪や脂肪酸に作用し、代謝を促進しますので、過剰な皮脂分泌にも効果があるのです。これらの作用により、レシチンは細胞の代謝を加速させ、育毛に有害な脂質を抑える作用があるため、育毛効果が期待できる成分・物質ということが出来ます。

レシチンを摂るなら圧倒的に大豆に多く含まれてます。


管理人が調べた限りだと、レシチンは大豆食品に多く含まれます。
例えば豆腐・納豆・枝豆・きな粉などなど。どれも身近な食材ばかりです。


また卵黄にも多いと書きましたが、卵黄レシチンは熱に弱い特徴があります。
なので卵かけゴハンなどで食べるのが良さそう。ただし食べすぎには注意です。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ