リノール酸は本当に育毛効果があるのか調べました。

血管の健康には良さそうですが育毛効果はないでしょうね。




リノール酸は不飽和脂肪酸の1つで、簡単に言えば液状の油をイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。リノール酸は育毛効果が期待できる成分・物質ですが、人体内で生成することが出来ない特徴があります。このため、食物として摂取していく必要があると言えるでしょう。リノール酸を多く含んだ食品としては、ひまわり油や大豆油、ラー油などの植物由来の油成分が挙げられるでしょう。


ただし、いくら植物油だからといって過剰に摂取すると、育毛の大敵である脂肪が増えてしまいますし、健康を害する危険性もあります。このため適正な量を摂取する必要があります。またリノール酸は、加熱後放置しておくと、変質してしまい、育毛に役立つ成分が失われてしまいますので注意が必要です。リノール酸がなぜ育毛効果が期待できる成分かというと、高血圧や血管の改善に効果的だからです。


リノール酸には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。また血液中の中性脂肪値を抑制する働きがあることも知られています。こうした働きは、動脈硬化を引き起こす原因となる、血管の柔らかさに作用します。ご存知のように、頭皮には毛細血管が、網の目のように存在しています。こうした毛細血管は、加齢とともに硬化し、衰えていきます。この毛細血管の質の改善にリノール酸は効果的に作用します。つまり毛細血管が柔らかく、頭皮の隅々までいくよう改善されることになります。

ひまわり油をはじめ、とうもろこし油やゴマ油に多いです。


あまり育毛には効果がないので、こんなことを教えてもしかたないかも知れませんが、とりあえずリノール酸を多く摂るならひまわり油がいいですね。ただひまわり油は身近な油とは言えないので、管理人のオススメは料理に使うと風味が良くなるゴマ油です。


食品ではゴマにも松の実ですが、どちらにせよ多く摂取するにはカロリーが多くなるので、管理人としては避けるべきだと思います。あまり意識しないくらいが丁度いいでしょうね。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ