リジンは本当に育毛効果があるのか調べました。

ミノキシジルの効果を高める働きがあるようです。




リジンはタンパク質を構成するアミノ酸の1つです。リジンは育毛効果が期待できる成分・物質の1つということが言えます。リジンは体内で作ることが出来ないので、何らかの形で摂取する必要があります。ちなみに体内で生成できないアミノ酸のことを必要アミノ酸といいます。リジンの育毛効果には様々なものがありますが、1つにはミノキシジルの効果を高める働きが挙げられると思います。


ミノキシジルとは、現在最も効果があるといわれている育毛剤の1つです。おなじみのリアップも、実はミノキシジル系の育毛剤です。育毛にお悩みの方は、ほとんどと言っていいほど、名前を聞いたことがあるかと思います。また知らないうちにミノキシジル系統の育毛剤を使用されている方も多いでしょう。リジンにはミノキシジルの効果を相当高める効果があるといわれています。せっかく安くないお金を支払って育毛剤を使うのなら、効果を最大限に引き出したいものです。


またリジンには男性脱毛症による抜け毛を抑制する効果も知られています。特に男性ホルモンによって引き起こされる脱毛に対し、リジンはかなりの効果があるようです。さらにリジンには、コラーゲンの生成を促進する効果があります。コラーゲンは黒くて、つややかな髪には欠かせません。この点でもリジンは育毛効果が期待できる成分・物質と言えそうです。リジンは免疫系を強める働きも行いますので、角質層の異常であるフケの発生を防ぐ効果もあります。

大豆食品の中でも湯葉に多く含まれてるようです。


豆腐や納豆など大豆食品に多いのですが、調べた限りでは湯葉に最も多いのかな。
ただ湯葉なんて食べる機会が少ないので、身近な納豆や豆腐で全然OKだと思います。


また鯖やカツオなどの魚介類、鶏肉や豚肉などの肉類にも含まれていることから
普通のバランスが良い食事を摂っていれば不足することはあまりないでしょう。


なるべく髪に良いイソフラボンも一緒に摂るために大豆食品をオススメしてます。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ