ミネラルは本当に育毛効果があるのか調べてみました。

栄養のない土壌に作物が育たないのと一緒ですね。




育毛効果が期待できる成分・物質の代表ともいえるのは、ミネラルです。人間の体は、主に有機物でできています。有機物とは炭素、水素、窒素、酸素の4つの化合物です。しかしこの有機物以外にも、人間の体に必要な元素があります。その元素のことをミネラルと呼んでいます。こうしたミネラルの種類にはナトリウム、マグネシウム、リンなど十数種類があります。このうち特に育毛に必要なミネラルとして、亜鉛とヨウ素が挙げられるでしょう。実はミネラルは体内で生成できません。このため食品やサプリメントを用いて摂取していく必要があります。


育毛にとってミネラルバランスは重要である、と言われています。しかし現代人の食生活では、加工食品を食べる機会が多くなっています。加工食品や外食産業で提供される食事は、ミネラル不足であることがほとんどです。強く、太く、そして美しい髪を育てるためには、ミネラルを十分摂取することが求められます。例えば、発毛に効果的なミネラルの代表は、昆布やワカメ、めかぶなどの海草類に含まれているヨウ素です。


ヨウ素には、基礎代謝を促進させる効果があります。基礎代謝は発毛に欠かせないものですし、基礎代謝が促進されると、発毛・成長・抜けるサイクルが確立されやすくなります。また健康な皮膚を作るためにもヨウ素は欠かせません。もちろん頭皮にも影響大といえるでしょう。健康な頭皮であれば、髪の毛の生成も十分できるはずです。さらにヨウ素は、甲状腺とも関係しています。甲状腺と育毛は一見関係がなさそうに思えます。しかし甲状腺機能が低下すると、脱毛が起こることが知られています。つまり、甲状腺の働きも育毛と大きな関係があるのです。このようにミネラルは育毛効果が期待できる成分・物質なので、不足しないよう摂取していく必要があるといえるでしょう。

ミネラルといっても幅が広いのですが・・・。


ミネラルが多い食材は数えきれないのですが、育毛ということで一応海藻類の写真を。
エネルギーになる栄養素でなくても、不足すれば体に何らかの悪影響を及ぼします。


管理人がよく食べるミネラル食品は「ひじき」なんですが、海藻類というだけでなく
写真のように油揚げや大豆など、髪によい大豆イソフラボンも同時に摂取できるから。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ