オレイン酸は本当に育毛効果があるのか調べました。

育毛や発毛はあまり期待できないが頭皮には良さそう。




オレイン酸は、植物油や動物性の脂肪に含まれている脂肪酸で、育毛効果が期待できる成分・物質です。オレイン酸は、オリーブ油やベニバナ油に多く含まれています。また、ピスタチオやクルミなどのナッツにも含まれていますので、髪の健康には特に摂取しやすいと言えるでしょう。オレイン酸の特長は、酸化されにくいことにあります。オレイン酸は、特に動脈硬化を防ぐといわれていますが、これはオレイン酸が、血管にとって害となる過酸化脂質の生成を抑制する作用をするためであると考えられています。


日本には、椿油を使用して、髪を結ってきた伝統があります。現在でも、お相撲さんが髪を結うときには、椿油を使用しています。なぜ昔の日本人は椿油を使用したのでしょうか。オレイン酸が8割以上も含まれているから、といった理由は、昔の人は分からなかったことでしょう。しかし、髪に良かったり、頭皮に良かったり、といったことは長い伝統の中で、経験として知ったのだろうと思います。椿油やオリーブオイルが、皮膚に優しいことは、言うまでもありません。


また頭皮において、過度の皮脂は育毛の妨げとなりますが、まったく脂質がない、というのは問題です。髪の毛の成長期には、潤滑作用が必要ですし、頭皮の滑らかさが血行促進にプラスであることは、間違いようのない事実です。

とはいえオリーブオイルも油なんで摂りすぎには注意が必要です。


何となく体にも良いイメージがありますし、実際にコレステロールや中性脂肪を低下させ
動脈硬化の予防に良いとされています。またイタリアではそのまま飲む人もいるようです。


ですが油は油。カロリーは高いです。だいたい大さじ1杯で120カロリーくらいかな。
まぁ実際に育毛には効果が微妙でしょうし、あまり意識する必要はないでしょうね。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ