タンパク質は本当に育毛効果があるのか調べました。

植物性タンパク質はやっぱり髪に良いらしい。




タンパク質は育毛効果が期待できる成分・物質の代表格と言ってよいでしょう。なんといっても髪の毛の主成分は、タンパク質だからです。タンパク質が不足すれば、髪の毛の原材料が不足することになります。これでは丈夫な髪の毛が生えてくることは期待できません。タンパク質は育毛効果が期待できる成分・物質なので、十分に摂取する必要があります。


とはいえ、タンパク質ならどんな種類でも、たくさん摂取すればよいものではないので、注意が必要と言えるでしょう。タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質があることが知られています。動物性タンパク質を摂取するために、肉や乳製品ばかり食べると、脂肪を過剰に摂取しすぎてしまいます。もちろん脂質は髪の毛に必要なものですが、過剰な脂質は毛根に角栓となって溜まり、育毛の妨げとなります。また特にお肉料理に含まれる脂肪は、男性ホルモンに作用し、脱毛を引き起こす原因となることが知られています。


このため動物性タンパク質を摂取したい場合は、お肉よりはお魚をとるようにしましょう。できれば植物性タンパク質を摂取するようにしたいものです。植物性タンパク質は納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。ただしタンパク質は、あくまで髪の毛の原材料です。原材料だけ豊富にあったとしても、原材料を運ぶ血流の機能が悪かったり、発毛の工場にあたる毛母細胞が機能しなかったりしていると、髪の毛が生えなくなります。偏ってタンパク質だけ摂取することのないようにしたいものです。

肉類や魚介類の中でも意外にしらすに多く含まれてるようです。


肉類はカロリーが高いし、どの食材に多く含まれてるのか調べてたんですが
意外にもしらすに多かったです。しかも低カロリーかつ値段も安い。


カツオやマグロでもOK。魚のタンパク質は塩分を排泄する働きがありますし
塩分の過剰摂取は薄毛の原因の1つになりえます。まさに一石二鳥の食材なんです。



他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ 亜鉛
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ