亜鉛は本当に育毛効果があるのか調べました。

食品からの摂取が難しいのでサプリメントが良さそうです。




亜鉛は、簡単にいうと、金属の一種です。ありふれた金属の一種ですが、人体にはなくてはならない物質です。また亜鉛は、人体を構成するミネラルの一種とも言えます。亜鉛は金属ですので、体内で生成することが出来ません。このため、摂取しないとすぐに不足してしまいます。


特に亜鉛は食品として摂取しても、体内で吸収しにくい元素といわれています。また亜鉛が多く含まれる食品は、牡蠣やレバー、牛のもも肉やウナギなどです。こうした食品を毎日食べるという方はそうそういらっしゃらないでしょう。つまり亜鉛は意識して摂取していく必要がある成分ということが言えるでしょう。


なぜかというと、それは亜鉛がタンパク質の合成に欠かせないものだからです。ご存知のように、髪の毛の主成分はタンパク質です。タンパク質が合成されればされるほど、元気な髪の毛が育っていくわけです。タンパク質の合成には、体内の酵素の力が必要です。亜鉛は、酵素のタンパク質を合成する力を活性化させる働きをします。人体内にある酵素のうち、200種類から300種類もの酵素と亜鉛は関わっているといわれています。


また亜鉛は、特定の男性ホルモンに由来する抜け毛を防ぐ働きがあります。これは亜鉛によって、男性ホルモンの生成が抑制されるためである、と考えられています。この点でも亜鉛は、育毛効果が期待できる成分・物質ということが出来ます。

やっぱり亜鉛が圧倒的に多いのは牡蠣でした。


管理人も亜鉛=牡蠣みたいなイメージがありまして、含有量は圧倒的でした。
一般的に多いと言われる豚レバーや牛肉と比較しても倍以上も含んでます。


亜鉛は育毛サプリに配合するほど、髪の毛への影響は大きいようなので
ぜひ積極的に食べて欲しいですね。ちなみに管理人はやや苦手な食材です。


ただ亜鉛自体は吸収率が低いので、牡蠣ばかり好んで食べていても効果は薄い。
動物性タンパク質と一緒に摂れば吸収率が上がるので、覚えておいて下さい。



あと加熱したら亜鉛の効果はどうなる?と不安になるかも知れませんが
亜鉛の融点は約420度ですので、加熱しても大丈夫のようです。


他にもこんな成分が育毛に良いらしいです。


 ⇒ カプサイシン
 ⇒ ビオチン
 ⇒ ミネラル
 ⇒ レシチン
 ⇒ システイン
 ⇒ タンパク質
 ⇒ ヒアルロン酸
 ⇒ プラセンタ
 ⇒ リジン
 ⇒ アミノ酸
 ⇒ アルニギン
 ⇒ イソフラボン
 ⇒ ミレットエキス
 ⇒ バイオポリリン酸
 ⇒ フコイダン
 ⇒ センブリエキス
 ⇒ リノール酸
 ⇒ オレイン酸
 ⇒ 馬油
 ⇒ 酵素

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ