レバーを食べるとホントに育毛効果があるのか調べてみました。

亜鉛をはじめ必須アミノ酸が3種類も含まれ毛髪に良いらしい。





レバーは一言でいえば、ウシやブタの肝臓のことです。栄養素が豊富で、育毛効果が期待できる食材・素材の1つであることは間違いないでしょう。レバーには、様々な栄養素が含まれていますが、特に育毛の分野で欠かせない、亜鉛と必須アミノ酸、そしてビタミンが豊富に含まれていることが特徴です。亜鉛はタンパク質が、髪の毛などの体の組織となるために必要な物質です。またある種の脱毛は男性ホルモンに原因があると理解されていますが、この男性ホルモンの過剰生成を抑制する作用があります。


レバーには、必須アミノ酸が3種類も含まれています。たった3種類と思われるかもしれませんが、人体のもととなるタンパク質を構成するアミノ酸のうち、体で生成できないか、十分な量が生成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。この必須アミノ酸の数は成人では8種類です。この8種類のうち3種類、ロイシン、リジン、メチオニンが含まれているわけですから、レバーは育毛効果が期待できる食材・素材の中でも特に優等生であると言えるでしょう。ロイシンは肝機能の向上に貢献します。リジンは髪の毛のもとになります。メチオニンには非酸化効果があり、細胞の活性化を促します。


さらにレバーに含まれているビタミンB2には、脂質の代謝を促す効果があります。ビタミンB2には細胞の成長を促し、タンパク質が髪の毛に変換されるのを助ける効果もあります。水溶性ビタミンですので、過剰摂取の恐れがないことも長所と言えるでしょう。

生レバーは飲食店では食べれなくなりましたね。

管理人の周りは生レバーが大好きな人が多くて、生食用として販売されなくなったとき
かなり落ち込んでました。が、加熱用と表示されてても鮮度が良ければ食べれるようです。
(販売店の衛生面や品質によるので責任は持てませんけど・・・。)


またレバーは加熱しても栄養価はなくならないので、炒めても問題ありません。
臭みが気になる方は、牛乳につけて血抜きをし、炒めると臭みは減ります。


ただ育毛成分は煮物にすると溶けだす可能性があるので、煮汁も一緒に食べて下さい。


他にもこんな食材が育毛に良いらしいです。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ