牡蠣にはホントに育毛効果があるのか調べました。

牡蠣には特に育毛に効果が期待される亜鉛を多く含みます。





牡蠣は、主に秋から春くらいまでが旬の、大ぶりの貝です。一般的な牡蠣は、夏にも食べることは出来ますが、身が痩せていますし、傷みやすいので、もし食べる場合は夏が旬の岩牡蠣などがよいでしょう。牡蠣は、育毛効果が期待できる食材・素材としても知られています。牡蠣には、タウリン、グリコーゲンなどのアミノ酸が豊富に含まれています。その数は十数種類とも言われています。また体のバランスを整える役割を果たす、ミネラルやビタミンも含まれています。


牡蠣に含まれるミネラルの中でも、特に育毛に効果的と言えるのは亜鉛でしょう。亜鉛は、髪の主成分であるタンパク質を生成する上で、欠かせないものです。体内のタンパク質は、髪の毛だけでなく、ほかの部分にも使用されてしまいます。このため、亜鉛は不足しがちになります。体内で生成できない分、余計に摂取していく必要があるでしょう。


また牡蠣にはアミノ酸が豊富です。牡蠣に含まれるアミノ酸のうち、タウリンは血行を促進し、血管を柔軟にする働きがあるといわれています。また、非酸化効果もあり、細胞の老化や劣化を抑えてくれます。さらに牡蠣には育毛効果が期待できる成分・物質のリジンが含まれています。リジンはある種の育毛剤の効果を促進させる働きや、毛髪のしなやかさのもとであるコラーゲンの生成を促進させる働きがあります。牡蠣は海のミルクとも呼ばれますので、栄養価の高さという面でも、育毛効果が期待できる食材と言えます。

亜鉛は加熱すると失われるどころかむしろ増加するようです。

牡蠣の食べ方は生ガキをはじめ、カキフライやカキ飯など沢山ありますけど
亜鉛は加熱しても失われないというメリットがあるので、バリエーションも豊富。


調理する亜鉛の比較として、生牡蠣=10、加熱した牡蠣=11。
と、生で食べるよりも加熱した方が亜鉛の量が増加することも分かってます。
なのでフライでも焼いても、好きな食べ方していいんです。これは大きなメリット。


他の魚介類や海藻類、また肉類や豆類など亜鉛を含む食材はたくさんありまして
1日の必要量は約15mg。牡蠣に換算すると約7個くらい食べる必要があります。
毎日のように牡蠣を7個は無理なので、他の食材で補う必要も忘れないで下さい。


他にもこんな食材が育毛に良いらしいです。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ