ミノキシジルで体毛が濃くなるか調べてみました。

ミノキシジルの育毛効果はもともと副作用でした。




ミノキシジルは、その高い育毛効果で注目を集めている成分です。育毛剤の成分として使用されているほか、タブレットの形で体内に摂取する製品も登場しています。プロペシアよりも安全なうえ、併用もできることで薄毛対策に使用する人が増えています。


ただ、そんなミノキシジルにもいくつかの副作用が見られます。その中でとくに健康に害をもたらすわけではないものの、気になる副作用となるのが体毛が濃くなること。服用するタイプを摂取することで頭髪だけでなく、体毛まで生えてきてしまうケースもあるのです。


これは、この成分が育毛対策に使用されるようになった経緯と密接に関わっています。この成分はもともと高血圧の治療にために開発されたものでした。しかし、治療に用いているうちに毛髪が生えてくる、体毛が濃くなるといった「副作用」が生じるケースが多いことが明らかになり、育毛へと役立てられるようになったのです。つまり、育毛効果はもともと「副作用」だったわけです。


血行不良を改善する効果がある成分のため、血液循環がよくなることで栄養が毛根部にまで十分に行き渡るようになり、毛が生えてきやすくなるのです。心臓から離れている頭部の毛根よりも他の部位の毛根の方が栄養が届きやすくなるため、体毛が濃くなる形で「効果」が表れることもあるのです。


女性にとっては、やや気になる副作用かもしれません。ですから、一応知識の一環として踏まえておいて下さい。

塗布タイプであれば体毛も気にせず使用できます。

内服のミノキシジルは有効成分が全身に回るため体毛が濃くなる可能性がありますが、塗布タイプは塗った箇所にした成分が浸透しないので、気になる方はコチラを使用した方が安心できます。


ただ売れているのはタブレット、つまり経口タイプです。中でも含有量が少ない5%が最も人気のようで、初心者向けとされています。


ミノキシジルについてもっと知りたい方はコチラ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ