ミノキシジルは心臓に負担をかけるのか調べました。

ミノキシジルタブレットは心臓への負担が大きいようです。




どんな医薬品も効果が高ければ高いほど副作用のリスクが背中合わせに存在します。この成分に関しても例外ではなく、いくつかの副作用が知られています。その中でも健康に重大な影響をもたらしかねないものに、心臓への負担があります。


この成分を使用する際には、まずもともと高血圧の治療に使用されていたものだということを知っておく必要があります。治療の過程で毛髪が生えてくるようになった、あるいは体毛が濃くなったといった「副作用」があらわれたため、育毛に活用されるようになったのです。ですから血管の拡張がもたらす副作用が伴うことになります。


血管が拡張すれば血液の流れが活発化します。その結果、動悸や心拍数が増加するといった副作用があらわれるのです。いい意味で考えれば、確実に効果が表れているともいえるわけですが、あまり症状が重いようだとマイナスの効果の方を心配しなければならなくなります。


とくに、服用するタブレットタイプに心臓への過度な負担が見られます。服用をはじめた途端に動悸が激しくなった場合には、すぐ使用を止めた方がよいでしょう。放置しておくと不整脈や心筋梗塞といった深刻な問題を抱える可能性もあります。もちろん、もともと心臓が弱い人、何らかの疾患を抱えて治療を行っている人は絶対に避けなければなりません。育毛対策はあくまで健康的に行ってこそですから、ミノキシジルの心臓への負担に関する注意点は必ず踏まえておきましょう。

心臓への負担どころか死亡した例もありました。

実際にミノキシジルでの死亡例が2000年にあります。これはタブレットでも塗布でも同じこと。現在はメーカーや薬品会社?も狭心症や高血圧の方への注意書きを明記してますし、以前よりは安全になりましたが。


ミノキシジルの含有量が少ないからといって安易な服用は止めて下さい。


ミノキシジルについてもっと知りたい方はコチラ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ