プロペシアとフィンペシアの違いはどこにあるか調べました。

管理人の見解では単純に製造元が違うだけ・・・という感じでした。




今もっとも注目を集めている育毛剤といってもよいのがプロペシアとフィンペシア。どちらもAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。特徴は医薬品として扱われていること、そして経口で服用することです。これまで育毛対策といえば頭皮に直接塗布する育毛剤が一般的でしたから、このような服用タイプは非常に画期的なものといえます。


両方とも飲む育毛剤であり、医薬品として扱われている点では共通しています。その違いを知るためには、そもそもフィンペシアがどのような医薬品なのかを知っておく必要があります。


フィンペシアはジェネリック医薬品なのです。ジェネリック医薬品とはある医薬品とまったく同じ成分・効果を持ったものを製造メーカー以外の製薬会社が製造・販売している医薬品のことです。つまり基本的にはこの2つの内容は同じもの、ということになります。


ただ違うのは、後発のジェネリック医薬品の方がずっと安いこと。正規の医薬品は製造メーカーが開発のために莫大なお金をかけているため、それを回収するため価格に反映されています。しかしジェネリック医薬品の場合はそうした初期投資をあまりかけていないため、価格が安くなるのです。


こうして見るとフィンペシアの方が良いように思えますが、こうした医薬品は信頼性も重要です。やはり正規のメーカーで購入するプロペシアのほうがよいと考える人も多いでしょう。とくに日本ではフィンペシアは海外輸入の形で入手することになりますから、その点も踏まえて判断したいところです。


プロペシアについてもっと知りたい方はコチラ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ