プロペシアを飲むと毛が生える仕組みを調べてみました。

男性型脱毛症(AGA)のみ効果が期待できるようです。




薄毛の悩みを抱えている人にとっては、どんな方法でもいいから毛を生やしたいと思うものでしょう。そんな方法のひとつとして、近年急速に注目度を高めているのがプロペシアです。


「飲む育毛剤」とも呼ばれており、従来の育毛剤のように頭皮に直接塗布するのではなく、経口で摂取する点が最大の特徴です。また、医薬品として扱われている点も特徴として挙げられるでしょう。


効果に関して知っておきたいのはこの薬は「AGA(男性型脱毛症)」に対する治療に用いられる点です。このタイプの脱毛症は男性ホルモンとそれを発毛を阻害するホルモンへと変質させる酵素によって引き起こされるもので、この薬はそのメカニズムに影響を及ぼすことで効果を発揮します。もともと、このタイプの脱毛症は遺伝的なものが大きいため、治療が困難と言われてきました。だからこそ、多くの悩める薄毛の人にとって光明となっているのです。


しかし、AGA以外の脱毛症に関しては効果は期待できません。逆に副作用ばかりを背負うことになってしまいます。たとえばストレスや疲労の蓄積、食生活の偏りなどが原因で頭皮が血行不良に陥ってヘアサイクルが乱れてしまうケース。あるいは原因がまだはっきりと判明していない円形脱毛症。こうしたケースでは効果は見込めないです。ですから、薄毛に悩んでいる人はまず自分がどんなタイプの脱毛症なのかを確認したうえでプロペシアの使用を検討する必要があるのです。

全体を生やすならミノキシジルとの併用が良いらしい。

プロペシアはAGAの治療に効果があり、ミノキシジルは薄毛に対して効果があると言われています。今ではこの2つを併用するのが一般的らしく、国内のAGA治療クリニックでも実際に併用治療を行っているようです。


プロペシアについてもっと知りたい方はコチラ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ