プロペシアは未成年でも服用できるのか調べました。

原則として未成年では処方されないようですね。




プロペシアは薄毛対策、とくにAGAの治療に高い効果を発揮する医薬品として注目を集めている「飲む育毛剤」です。従来の頭皮に塗布するタイプに比べ、経口で摂取することでより直接的な効果が期待できます。AGAをもたらす体内のメカニズムに直接作用するため、従来の育毛対策では得られなかった効果も期待できるのです。


しかし、この医薬品を服用する際にはいくつかの注意点があります。日本では原則として医師の処方を受けた上で摂取する必要があるように、慎重な取扱いが求められるのです。それは副作用の問題だけでなく、使用上の禁忌においても厳しい制限が設けられています。


そんな使用上の禁忌に未成年の服用が挙げられます。未成年がこの医薬品の処方を受けようと思っても拒否されてしまうのです。万一処方された場合、医師の方が罰せられるほどです。なぜこれほどまでに厳しい禁忌が設けられているのでしょうか。これは、この薬が男性ホルモンに影響を及ぼす効果があるからです。


未成年は成人に比べ、ホルモンバランスが不安定とされています。そのため、安易にプロペシアを服用するとホルモンバランスが乱れてしまい、この薬が持っている副作用が強く出やすいのです。性欲減退や勃起不全、睾丸の痛み、さらには精子の減少など、男性の機能に対して大きな問題を引き起こすことになります。未成年はこうした男性機能が成長している時期でもありますから、服用による副作用には大きな問題がつきまとうわけです。個人輸入などで入手する方法もありますが、絶対に未成年は服用しないよう注意しましょう。

ただ医療機関によっては18歳くらいでも処方する場合も・・・。

管理人の認識では「未成年は使用不可」と思っていたのですが、病院によっては18歳でも処方してくれるらしいです。ヤブ医者か!?と思ってしまいましたが、男性器が十分に成長しているかが問題だそうで。


どちらにせよ、管理人の結論として未成年はプロペシアの服用は止めた方が良い、別の方法を探すべき。と考えています。発毛は1つの方法ではなく沢山ありますし、原因も個人によって違います。まずは安全なものから試すべきでしょう。


プロペシアについてもっと知りたい方はコチラ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ