ブラックシャンプーの体験談です。購入前に見て下さい。

洗髪だけでなくパックもできる新感覚の育毛シャンプー。



正式には「プレミアムブラックシャンプー」ですが、長いので省略してます。
以前から知っていたのですが、値段が高く購入は控えていたこのシャンプー。
でも通販での売上がすごくて、口コミも悪くなかったので1本ほど購入。

男性用のアミノ酸系で、たしかに男性と女性の薄毛の原因は違うので
このように「男性用!」とハッキリ言ってもらった方がユーザーも安心できます。
※と思いきや男女兼用と明記してるので、このへんが曖昧です。

洗髪だけではなく、育毛成分も配合してるので、ちょっとは期待できそう。
見た目は添加物タップリなんですが、意外にも香料・着色料・シリコン不使用。
さらにアミノ酸系かつ弱酸性の低刺激なので、頭皮と毛髪には優しいようです。

黒いシャンプーの正体は「泥」でした。


絶対に着色していると思いきや、この黒の正体は泥を炭化させた色でした。
どこの泥かは書いてませんでしたが、泥は粒子が細かく汚れを吸着させるはず。
泥パックがあるように、シャンプーでパックできるのは新しいですよね。

ただ、このブラックシャンプーで髪が生えてくる仕組みについて調べてみると
単純に頭皮に優しい成分と、育毛成分を配合したという感じでした。
もう少し髪が生えてくるまでの仕組みを説明して欲しかったなと思います。

管理人が感じたのは、育毛というよりも抜け毛防止という印象です。

柑橘系の香りとクールな清涼感が印象的でした。



1番ビックリしたのが香りなんですけど、柑橘系の果物の香りがしてます。
炭の匂いかと思いきや、これなら男性だけでなく女性の方も好きなのでは?
(成分を調べてみると、おそらくオレンジ油のおかげだと思います)

実際に洗髪してパックもしたんですが、とにかく髪がスーッとします。
市販のシャンプーでも洗髪すると髪が涼しくなる商品がありますが、あんな感じ。
ただ夏はいいんですけど、冬にブラックシャンプーを使うとちょっと寒いかな。

そして洗い心地は抜群です。頭皮が黒く変色することもなく、個人的に好きです。
髪もギシギシしなかったし、洗髪後は果物の香りがほのかに漂います。

「じゃあ髪は生えたのか?」と聞かれると、1本では何も実感はなかったです。
頭皮の匂いとフケは気にならなくなりましたけど、育毛効果は分かりませんでした。

※指の間が黒くなることはないのでご安心を。

ブラックシャンプーのココが良かった

■頭皮が果物のような匂いになる。
■頭がスーッとして夏は気持ちいい。
育毛効果や抜け毛の減りは実感できなかったものの、個人的にお気に入りのシャンプー。口コミでの評価もそこそこ高かったし、1度使うと好きになる男性は多いと思います。口コミで無臭と書いている人がいましたが、あれは絶対に嘘なんでご注意を。

ブラックシャンプーのココがイマイチ

■まとめ買いでないと値段が高い。
■冬に使用すると頭が寒くなる。
1本で2ヶ月持ちますが、それでも1本の値段はやや高め。次回からはまとめ買いした方がいいでしょう。また清涼感があるので、冬に洗髪すると頭が寒かったです。風呂場を十分に温めて洗髪して下さい。でもコレと言った欠点はありませんでした。

アールスタイルにメールと電話で質問しました。

Q、どれくらい続ければ抜け毛が減ります?

メールで問い合わせたのですが、5日経っても何の音沙汰もなし・・・。おそらく返信はないでしょうね。すいません、どれくらい継続すればよいのか気になるところでしょうが、返信がないので管理人もお答えしようがありません。
内容量 使用目安 値段 送料
400ml 約2ヶ月 5,040円 500円
男女兼用 返金保証 おススメ度 口コミ評価
× ★★★★☆ ★★★★☆
ブラックシャンプーに配合されている成分
オタネニンジン根エキス/アルニカエキス/オゴリコソウエキス/オランダガラシエキス/ゴボウ根エキス/セイヨウアカマツ球果エキス/セイヨウキズタエキス/ニンニクエキス/マツエキス/ローズマリーエキス/ローマカミツレ花エキス/オリーブ油/オレンジ油/ユズ油/ユーカリ油/センブリエキス/加水分解米エキス/褐藻エキス
ブラックシャンプーの公式ホームページ
http://www.p-blackshampoo.net/

他の育毛シャンプーに興味がある方はどうぞ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ