シャンプーに入っているとよくない成分を調べました。

そこまで神経質になる必要はありませんが一応ご確認を。

育毛の分野でシャンプーへの関心が高まっています。頭皮の健康状態を維持する上で重要な役割を果たす一方、不適切なシャンプーは、かえって頭皮の健康状態を害してしまい、薄毛の原因になってしまう恐れがあるからです。


そんな中、とくに注目を集めているのがシャンプーに入っているとよくない成分です。健康に良くない成分が含まれているはずがない、と思う人も多いでしょう。しかし、実際には製造コストの削減などの理由で、人体や環境に悪影響を及ぼす成分が使用されている場合があります。


入っているとよくない成分の代表格といえるのが、石油系の合成界面活性剤です。化学合成によって作られた成分のことで、とくに石油を使って作られた合成海面活性剤は注意が必要とされています。最近では、スーパーなどでもわざわざ「当店で取り扱っている製品には石油系の合成界面活性剤は使用されていません」と書かれているケースがあります。製品の成分の部分に「ラウリル硫酸」や「スルホン酸」などの名称が見られた場合には、避けたほうがよいでしょう。


それから乳化剤。とくに安いシャンプーによく見られるもで、シャンプーを長持ちさせるのに役立つ成分なのですが、わずかながら皮膚に悪影響を及ぼす場合もあります。具体的には「ポリプロピレングリコール」などに代表される成分です。


肌が弱い人は無添加、天然由来の肌に優しい成分を使用したシャンプーを選ぶようにしましょう。その分、価格がどうしても高くなりますが、頭皮・毛髪の健康、育毛対策のことを考えれば決して高い買い物にはならないはずです。

シャンプーについてもっと知りたい方はどうぞ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ