石油系シャンプーは本当に良くないのか調べました。

値段は安いけど化学成分を使用しているので避けたいところ。

育毛に対するシャンプーの役割の重要性が指摘されるようになり、シャンプーの質も求められる傾向が出てきています。その中で、とくに槍玉に挙げられることが多いのが石油系シャンプー。合成界面活性剤が使用されているため、体によくないとも言われています。


石油系シャンプーとは、簡単に言えば石油を使って抽出された化学成分を使用しているシャンプーのこと。ラウレス酸などが代表的な成分として挙げられます。じつは、市場に出回っているシャンプーの多くがこの石油系シャンプーです。


大量に出回っている理由として、まず製造コストが安く済むことです。大量生産で安価販売が可能なため、製品化しやすいのです。それから泡立ちがよく、洗い心地が非常に良いこと。これはメリットのように思えますが、その分肌への刺激が強く、頭皮の保護に必要な分の皮脂まで除去してしまう恐れがあります。その結果、肌が乾燥したり、バリア機能が低下して雑菌やウイルスが繁殖しやすくなったり、湿疹やかぶれが生じるリスクが伴います。


健康な頭皮・毛髪の人が使用する分には石油シャンプーでも大きな問題は生じないのですが、すでにヘアサイクルが乱れている人、敏感肌の人などが使用すると薄毛・抜け毛の原因になってしまう恐れもあります。それほど神経質に考える必要はありませんが、少なくとも、育毛目的で使用するシャンプーとしては適さないことは間違いないでしょう。

シャンプーについてもっと知りたい方はどうぞ。

その他のカテゴリーです。興味がある項目があればどうぞ。

育毛剤の体験レポート 育毛シャンプーの体験レポート 育毛サプリの体験レポート
M字ハゲはちゃんと生える? 生え際ははちゃんと生える? 頭頂部はちゃんと生える?
ミノキシジルの副作用やリスク プロペシアの副作用やリスク ノコギリヤシの副作用やリスク
育毛効果が期待できる食事 育毛効果が期待できる成分 ハゲと薄毛の原因

このページの先頭へ